本文へスキップ

社会医療法人 輝城会 沼田クリニック 歯科
配色の変更 
文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

歯科直通TEL. 0278-30-3003

〒378-0014 群馬県沼田市栄町61番地3

痛くない治療を目指しています。

痛みの苦手な方は、遠慮なく「痛くない治療をして欲しい」と伝えてください。


 歯医者は、「痛い・怖い」というあまり良くないイメージを持たれている方が多いと思います。当院ではそのようなイメージを払拭するべく、「痛くない歯科治療・痛くない虫歯治療」を目指しています。

 痛みのより少ない治療を行うため、歯を削る前には麻酔を行います。麻酔の注射器の針を刺す時にも、痛みを感じますので、その前に表面麻酔を行います。

 表面麻酔を行うことにより、針が刺さった時の痛みも感じにくくなります。また注射器の針も非常に細い針を使い、ゆっくりと薬液を注入することにより、痛みがより少なくなります。

 注射による麻酔がどうしても嫌だ、持病・アレルギーのため一般の麻酔薬の投与が難しい、歯科治療そのものが怖い、他にも嘔吐(おうと)反射が強い方へは、笑気麻酔と静脈内鎮静法があります。

 笑気麻酔とは、気体の麻酔薬を用い、半覚醒状態(半分眠った状態)にて、歯科治療を行います。
 静脈内鎮静法とは、点滴などから静脈麻酔剤・鎮痛剤の注射を行います。
 しかし処置部位に対する麻酔効果は弱いので、局所麻酔を併用します。

 笑気麻酔・静脈内鎮静法を行うと、薬剤の効果により半分寝ている状態になります。そのため、治療中の事があまり記憶に残らず、時間感覚もあいまいになるため治療時間も短く感じます。いつ終わるのか、恐怖におののきながら治療台の上でじっと待たなくても良いのです。

 しかし、これらの麻酔を行った場合は、麻酔の効果が完全に抜けるまで時間がかかります。そのため、帰宅する際にはご自身での自動車などの運転は絶対に行わないで下さい。必ず同伴者と、またはタクシーなどを利用してください。

 笑気麻酔・静脈内鎮静法は、通常の麻酔と違い、事前の準備が必要となりますので、予約を取る際にはその旨をお伝えください。