本文へスキップ

社会医療法人 輝城会 沼田クリニック
配色の変更 
文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

TEL. 0278-22-1188

〒378-0014 群馬県沼田市栄町61番地3

ナビゲーション

介護保険について

介護サービスを利用するためには

 介護保険の申請により、「要支援」「要介護」と判定された場合に利用することが出来ます。その際にはサービスを受けるための契約を結ぶ必要があります。認定結果の通知の中に申請書が同封されていますので、それを各市町村窓口へ提出する必要があります。

 申請が受理された後、事業所と契約を結び、ケアプラン(利用するサービスの種類や回数などの計画書)を作成後、サービスの開始となります。


介護保険で利用できるサービス

家庭で受けられるサービス

訪問介護
ホームヘルパーが訪問し、身の回りの世話や日常生活の補助を行います。
要支援と要介護では、提供内容が若干異なります。
掃除・洗濯・食事の準備・買い物・通院介助など、様々なサービスがあります。
訪問入浴介護
入浴サービスが受けられます。介護士と看護師が居宅を訪問し、移動入浴車などで入浴介護を行います。
訪問看護
看護師が訪問し、療養上の世話や診療の補助を行います。
福祉用具貸与
指針の状態に合わせて日常生活の自立を助けるため、車椅子・介護用ベッドなどの福祉用具を借りることが出来ます。
訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が居宅を訪問し、心身機能の維持回復と日常生活の自立に向けた訓練を行います。
居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士などが通院困難な利用者の心身の状況や環境などを踏まえ、指導や助言を行います。
夜間対応型訪問介護
夜間にホームヘルパーなどが定期的に家庭を巡回したり、連絡のあった家庭を訪問したりして、介護や身の回りの世話を行います。
要支援の方は利用できません。

施設へ出かけて受けられるサービス

通所介護(デイサービス)
施設に通い、食事や入浴・排泄・日常生活に必要な機能訓練を受けることが出来ます。またレクリエーションなども行うので、孤立感も軽減できます。
要支援と要介護では、提供内容が若干異なります。
認知症対応型通所介護(デイサービス)
施設に通い、食事や入浴・排泄・日常生活に必要な機能訓練を受けることが出来ます。認知症高齢者に配慮した介護や機能訓練を受けることが出来ます。
通所リハビリテーション(デイケア)
心身機能の維持回復と日常生活の自立に向けた訓練を受けられます。
要支援と要介護では提供内容が若干異なります。
短期入所生活介護(福祉系ショートステイ)
特別養護老人ホームなどに短期間入所し、入浴・食事などの日常生活上の介護や機能訓練を受けられます。連続した利用は30日までです。
短期入所療養介護(医療系ショートステイ)
医療機関や介護老人保健施設などに短期間入所し、医師や看護師から医学管理の下。療養上の世話や日常生活上の介護、機能訓練を受けられます。連続した利用は30日までです。
小規模多機能型居宅介護
施設への通所介護を中心に、自宅への訪問介護と短期間の泊まりを組み合わせたものです。食事や入浴・排泄・機能訓練などを受けることが出来ます。

施設などに入所しながら受けられるサービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、家庭での生活が困難な方が入所する施設です。食事や排泄などの日常生活上の介護や、身の回りの世話を行います。
要支援の方は利用できません。
地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、家庭での生活が困難な方が入所する施設で、小規模です(定員30人未満)。地域密着型であるため、事業所周辺地域の方が利用できます。
要支援の方は利用できません。
介護老人保健施設
病状が安定し、病院から退院した方などが在宅生活に復帰できるよう、リハビリテーションを中心とする医療ケアを介護を受ける施設です。
要支援の方は利用できません。
介護療養型医療施設
比較的長期間にわたって日常的に医療ケアを必要とする方や、慢性期のリハビリテーション、介護を必要とする方が入所する施設です。
要支援の方は利用できません。
認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)
認知症高齢者が5〜9人の少人数で共同生活を送りながら、家庭的な雰囲気の中で介護や身の回りの世話を受けられます。
地域密着型であるため、事業所周辺地域の方が利用できます。要支援1の方は利用できません。
特定施設入居者生活介護
介護保険の事業者指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホームなどで生活しながら介護を受けます。なお、施設外の事業者からサービスを受ける「外部サービス利用型特定施設」もあります。
地域密着型特定施設入居者生活介護
介護保険の事業者指定を受けた、小規模な有料老人ホームや軽費老人ホームなど(定員30人未満)で生活しながら介護を受けます。なお、地域密着型特定施設の入居者は、要介護の方やその配偶者等に限られ、介護サービスを受けられるのは要介護の方のみとなります。
地域密着型であるため、事業所周辺地域の方が利用できます。
また要支援の方は利用できません。

介護保険施設以外の有料施設

軽費老人ホーム

 身の回りの事は自分で行えるが、身体機能の低下などにより自立した生活を行うには不安があり、身寄りがないまたは家族からの支援が困難な場合に入所することができる施設です。

 また、入居するには所得制限があり、入所の際に一時金や家賃などはかからず、月々の利用料金のみで利用できます。

 ある程度自立した生活が可能な方が対象となるため、自立生活が困難になった場合は、利用が難しくなります。
A型 食事サービスや、日常生活に必要なサービスを受けられます。
B型 日常生活に必要なサービスは受けられますが、自炊が原則です。
ケアハウス型 所得制限はありませんが、A型B型と異なり、入所一時金や家賃が必要になるためある程度経済力のある方が利用できます。

住宅型有料老人ホーム

 一般的に、入所一時金や月額利用料が高めです。
 対象者は、基本的に自立した生活が可能な方が利用できますが、軽度の支援が必要な方も利用できる施設もあります。
 訪問看護や通所介護を利用することもできますが、利用する介護サービスが増えてくると、利用料金も大きくなるようです。
 また自立した生活が困難になってくると、利用が難しくなります。

介護つき有料老人ホーム

 要介護認定を受けている方や、施設によっては認知症のある方も利用できます。
 介護スタッフが常駐している場合が多いようです。
 施設設備などにより、入居一時金や月額利用料は、施設間の幅が広いです。

健康型有料老人ホーム

 基本的に、自立した生活が可能な方が利用できます。施設によっては、軽度の支援が必要な方も利用できるようです。
 提供されるサービスは、食事・掃除・洗濯などや、緊急時の対応などです。
 共同スペース、レクリエーションルームも充実しており、個人スペースにはキッチンや風呂場などの設備も充実しているようです。