本文へスキップ

社会医療法人 輝城会 沼田クリニック
配色の変更 
文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

TEL. 0278-22-1188

〒378-0014 群馬県沼田市栄町61番地3

ナビゲーション

管理者 ご挨拶

院長 森平 和明(もりだいら かずあき)

院長写真
 私は、平成3年に群馬大学医学部を卒業後、第三内科で主として血液内科の診療に当たっておりました。しかし、更に幅広く一般内科を学びたいという気持ちから、数年前に総合診療部に転科し平成16年4月からは、当輝城会の沼田脳神経外科循環器科病院で内科部長として勤務してまいりました。その後、平成19年度4月より、沼田クリニックの院長を拝命しております。

 さて、沼田クリニックは、沼田脳神経外科循環器科病院の外来窓口として、最先端の医療機器を備え、脳や心臓疾患に対する高度な診療を行っています。しかしながら実際には、それらの専門性に加え、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、消化器疾患、呼吸器疾患など複数の疾患を抱える患者さんへの対応が必要となることが少なくありません。

 よって、そこでの私の役割は、より広い視野からこれらの患者さんの身体と心を診る総診療を実践することと考えております。また、「健康診断や検診で異常を指摘された」など、健康面での不安がある方の身近な相談相手となれれば幸いです。

 全ての患者さんに満足のいく医療サービスを提供できるよう、地域の皆様に信頼される沼田クリニックであり続けられるよう、誠心誠意努めさせていただく所存でございます。何とぞ宜しくお願い申し上げます。

看護師長 櫻井 晴美(さくらい はるみ)

看護師長
 当院は、沼田脳神経外科循環器科病院の外来窓口として、また、地域住民の身近な「かかりつけ医」として、患者様の病気や健康管理をサポートしています。
 身体的苦痛や不安を抱える患者様が、安心してスムーズな診察や検査が受けられるように、医師や他部門と連携を図りながら、きめ細やかな看護サービスの提供を心がけています。

 当外来では、患者様一人ひとりの病気に対し、責任をもって対応させていただくために、「病気に対する診療計画」(年間の検査予定)を立てております。これにより、どの医師に受診されていても必要十分な検査と治療が行われ、基本的な医療の質が維持されるうえに新たな病気や副作用の早期発見に役立っています。

 また、訪問診療(定期的な往診)も行っており、ケアマネや訪問看護と密な情報交換を図りながら、住み慣れた地域で在宅療養を望まれる患者様のお手伝いをさせていただきます。
 看護師・メディカルクラークは、外来の短い時間の中で患者様と向き合う時間を大切にし、患者様から気軽にお声掛けしていただける雰囲気作りと、真心を込めた対応を心がけています。

【看護理念】
○ 患者様の人間性を尊重し、温かい心で質の高い看護を提供します。

【看護師長として】
○患者様に安心して、外来診療をしていただける環境作り
○職員がいきいきと、心穏やかに働き続けられる環境作り
○その人個人の能力が発揮できる職場作り
 を心がけ・・・患者様にも、職員にも「優しさ」「思いやり」を追求し努力していく所存です。

事務長 志田 優介(しだ ゆうすけ)

事務長写真
 2020年に56年ぶりの東京オリンピック開催が決まり、事前のプレゼンテーションで披露された、『お・も・て・な・し』が2013年の流行語大賞にも選ばれました。

 現在の言葉で「ホテル」・「ホスピタル」はラテン語の「hospes(歓待する・もてなす)」が原語とする説があります。つまり、病院を指す「ホスピタル」は人をもてなす場所と言えることになります。

 沼田クリニックは「ホスピタル」である沼田脳神経外科循環器科病院の外来窓口として、地域の皆様の御要望にできる限りお応えできるよう、高度な医療機器を導入や総合病院並みの診療科を標榜し、患者様に最高の「おもてなし」ができるよう日々取り組んでいます。

 地域のかかりつけ医として、患者様から信頼され、ご満足いただけるよう努力していきますので今後ともよろしくお願いします。

バナースペース

社会医療法人 輝城会
沼田クリニック

〒378-0014
群馬県沼田市栄町61番地3

TEL 0278-22-1188
FAX 0278-22-0099