本文へスキップ

社会医療法人 輝城会 沼田クリニック
配色の変更 
文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

TEL. 0278-22-1188

〒378-0014 群馬県沼田市栄町61番地3

ナビゲーション

診療放射線課

 平成24年8月20日より、CT装置が更新され稼働を開始しています。これまでCT検査は沼田脳神経外科循環器科病院への依頼検査となり患者様にご負担をおかけしていましたが、これからはクリニックで検査が可能となりました(一部検査(心臓CT・CBF等)を除きます)。

 また沼田クリニック診療放射線課では、一般撮影とMRI・CTにて画像検査を行い、骨密度の検査も行っています。平成18年9月導入の1.5T(テスラ)MRIにより微小病変の早期発見が可能となり、検査の幅も格段に向上しました。日々進歩していく医療の中、我々診療放射線技師も知識と技術の向上を目指し、取り残されぬよう努力をしています。

 画像検査についてなど、ご意見やご不明な点がございましたら遠慮なく放射線課スタッフに声を掛けてください。

 脳血管3D-CT・冠動脈3D-CT・CBF(脳血流検査)等の画像検査は、沼田脳神経外科循環器科病院の64チャンネルCTで外注検査となります。

【MRI】

 MRI検査は、強力な磁力を使う検査で、放射線検査と違い人体には無害です。また、CTなどの放射線検査では確認しにくい副鼻腔などの細かい骨の集合部分を骨の影響なく撮影することが出来ます。

 また、造影剤を使うことなく血管の状態を描出でき、動脈瘤などの小さな病変を見つけることも可能です。

 MRIは病変をより早期に発見することが可能なので、脳梗塞などの予防に最適な検査といえます。
MRI画像
MRA(3D表示)
頚部動脈3D表示
脳梗塞例
脳動脈瘤例

<1.5テスラ MRI 東芝製>

 優秀な静音機構により高磁場としては非常に静かで、開口径が広くマグネット部分が短いため、検査を受けやすい開放的なMRI装置です。

今までの検査が約半分の時間でより高分解能な画像を得ることができます。

東芝独自の撮像方法により正常圧水頭症(NPH)の検査も動画で描出可能になりました。動画で観察することで患者様にも解りやすくなっています。
このほか、MRCPなどの腹部撮影や、MRマンモグラフィー撮影も行っています。

NPH検査画像
PWI検査画像
MRCP検査画像
MRマンモグラフィー
当院では1.5Tなどの高磁場が導入条件となる検査システム、「VSRAD」早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)による検査を行っています。

VSRADとは前駆期を含む早期アルツハイマー型認知症に見られる海馬傍回の萎縮の程度を客観的に判断するためのMRI画像処理・統計解析ソフトです。

【CT】

<16列マルチスライスCT フィリップス社製 >

CT装置は脳出血の描出に優れることや、肺の微細な病変、骨・尿路などの診断にも有用です。
※沼田脳神経外科循環器科病院との連携により、さらに高度な画像診断が可能です。
  詳細は沼田脳神経外科循環器科病院診療放射線課のページをご参照下さい。

【骨塩定量検査】

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、加齢とともに急激に骨が弱くなる全身的疾患で、脊椎・股関節・手関節などの骨折として大きな関心が寄せられています。
骨塩定量(骨密度)検査は、DEXA法という方法を用いて、わずかな時間で簡単に測定することができ、骨量の減少を早期に発見し、骨粗鬆症の適切な予防や治療を行うことを目的としております。

輝城会グループ 画像転送モニタリングシステム「PACS」